子供を信じて、待つ

    【子供を信じて、待つ】

    お子さんの身体の状態が「楽になってきたかなぁ」と感じてくると、

    親御さんは、「そろそろ勉強して欲しいな」「学校に行けないかな」と思います。

    でも、声かけるタイミングも難しいですよね。

    お子さんは、勉強をしないのではなく、まだできないのかもしれません。

    起立性調節障害は、本当にゆっくりと改善していくものなので、通常の状態ではないのです。

    回復の具合は本人もわからないし、感覚でしかないと思います。

    もどかしいかもしれませんが、お子さんが体調の変化を感じ、行動し始めるまで信じて、待つことが大切です。

      関連記事

      1. 店舗オープンに向けて

      2. お客様の声を頂きました

      3. 10/8店舗オープンします

      New title