身体のささやかな手ごたえを感じる

    多くの不具合があっても、温かくなり、心地よくなり、僅かでも良くなった手ごたえを自分の力と認めてあげること。

    身体はもっと答えようとし始め、良いところを知らせてくれるようになります

    10段階のうち、まだ8が不調だとしても、2の良いところを認めてあげて下さい

      関連記事

      1. 抜苦与楽

      2. 意識、解釈を変えてみる

      3. 人は観ているところへ必ず行く

      New title