人間関係

    9月に入り 秋の虫の鳴き声♪やトンボがよく目につくようになりましたね

    今年の夏は雨☔️の多い変な気候でしたが 自然はきちんと秋に向けて流れているんやなと自然の素晴らしさを感じ 力に気づかされます

    さて最近 うつ 不眠 パニック など身体に不調がでてしまった原因のひとつの要素として〝人間関係〟についてが多いですね

    人間は一人では生きていくことはできません

    人という字は 人と人が寄り添ってできています 誰かとの関わりの中で生きています = 縁 です

    人間関係に大切なこととは 認現・観敬(にんげん・かんけい) です

    相手の 現(今)の意見や想いを認め(受け入れ)

    相手に 敬意をもって観て 接すること

    が大切です

    そうすれば 自ずと関係は良くなっていきます

    逆の 認嫌・観軽(にんげん・かんけい)

    相手の 嫌なとこだけを認め

    相手を 軽く観る(軽んじる)

    人は決して 思うとおりにはなりませんし 変えられません 

    誰も 誰かの思うとおりになるためや期待に応えるためには 生まれてきていませんので

    出逢った以上 何かを学ぶことが出来ると思います 

    仏教に 〝人の姿 言葉の中に 御仏を姿を観る〟という言葉があります

    ただ〝嫌〟と観るか 〝何か学べる〟と観るか だけでも

    人間関係に違いが出る と思います

    人間関係や他のお悩みも 理想と現実とのギャップで苦しんでおられると思います

    原因を外に探ろうとしますが 内側(自分)に向ける事も大切ですね

    人生を巧みに生きる力 心清らかな日々が訪れられますよう切に願い サポートしてまいります

      関連記事

      1. 仙骨を温めましょう

      2. 記録簿のリニューアル作成

      3. 起立性調節障害は理解してあげることが大切です

      New title