自律神経の不調を改善できるのか?

このページでは、「整体院である当院でなぜ自律神経の不調が改善できるのか?」

当院が目指している所、何が原因で、どうしてそうなるのか等を説明させて頂きます。

このような内容です。

  • 当院が目指すゴールは解決です
  • 自律神経の働きやお悩みとは?
  • 自律神経の不調の原因は筋肉が…
  • あなたの身体はどうなってしまっているのか?
  • 症状別の説明ページ
  • 医療機関との違い
  • あなたとの取り組み  

一時しのぎではなく、ゴールは解決です。

 

「解決」とは、一般的な対応でいう「対処」との違いです。

 

 

 

 

 

当院の対応は、一時的に不調になっても、自然に自分の力で元に戻っていける身体の状態にすることです。

その為に、原因から改善することを大切にします。

自律神経のお悩みに限らず、あらゆる病気や不調は「結果」です。

「結果」には必ず「原因」があります。

 

つまりあなたのお悩みは、運が悪くてであるとか、意味もなく偶然になったわけでもありません。

必ず何か、そうなった、「原因」があります。

心之助では、その「原因」から改善し、解決することを目的とします。

 

一般的に行われている「治療」というものは、「なぜそうなったのか?」という「原因」を診ずに、「結果」のみを取り除こうとしていることが多いと思います。これは様々な不調においても同様に思います。

 

例えば、

  • 湿布やステロイドで痛みや痒みをとる
  • 精神薬などで落ち込んだ気分や不安感を取り除く
  • 指圧やマッサージで強引にコリをほぐす  etc

 

これらは、心身の不調という「結果」を変えているんです。

一時的には心身の状態は変わるでしょうし、また「結果」を強引に変えるので、効果を感じるスピードも早いです。

ですが、、

  • なぜ「痛むのか?」
  • なぜ「精神の状態が不安定なのか?」
  • なぜ「コリやハリを感じるのか?」

 

という原因まではアプローチされていません。

その「原因」が変わらなければ、一時的に「結果」を抑えることができたとしても、原因の芽が残る限り再発してしまいます。

だからこそ、一時しのぎの対処ではなく根本解決のためには、結果ではなく原因からの改善が絶対となります。

対処と根本解決

 

自律神経の働きとお悩みとは?

 

自律神経の働き、それは無意識のうちに心身を調整する機能のことです。

例えば、呼吸、心臓の拍動、体温調節、内臓の働き、見る・聞くなど五感の機能、などです。
言い換えれば、「意識しなくても当たり前にできている働き」のことです。

つまり「自律神経のお悩み」とは、本来なら当たり前にできるはずの心身の働きが、日常生活の習慣や要因で、

「当たり前ができない状態」のことを言います。

 

    自律神経の不調により現れる症状を総称して、自律神経失調症といいます。

    病名ではなく、呼び名です。

    主な症状としては、以下の通りです。

    • 身体的な症状

    不眠、頭痛、めまい、冷や汗、吐き気、頭痛、耳鳴り、過呼吸、便秘、下痢、ダルさ、冷え、生理不順、PMS、ED、疲労感、動悸、不整脈、血圧の上下、立ち眩み、肩コリ、腰痛、手足の震え、
    ・・・など。

    • 精神的な症状

    情緒不安定、不安感、焦燥感、倦怠感、抑うつ気分、強迫観念
    ・・・など。

    このように身体全体多岐にわたります。
    また、発症するのは1つとは限りません。むしろ、様々な症状が併発することが多いです。

      自律神経のお悩みの原因は筋肉が…

       

       ✅ 首や背中にコリやハリがありませんか?

       ✅ 無意識のうちに、ギュッと力が入ってないですか?

      ✅ 呼吸が浅くてはやくなってませんか?

       

      不調の大元の原因は…

      筋肉の慢性疲労過緊張 

      であると当院は考えます。

      ※【過緊張とは…】自分では力を抜いているつもりでも、無意識に力み続けてしまっている状態です。いわゆる過剰に緊張している状態です。

       

      これらを引き起こすしくみに、おおきく関連する4つの間接的な要因

      • 身体的原因
      • 精神的原因
      • 環境的原因
      • 先天的原因  というものがあり、これらの状態が相互に、かつ複雑に絡み合い、過緊張となり=心身が本来の調和を失った結果が現在のお悩みへとつながっています。

      • 親、学校、職場からの期待・プレッシャー

        ➡ 期待、不安、さみしさ、迷惑をかけてしまう

      • 家族、友人、同僚との悩み

        ➡ 本当はこうして欲しい、こうしたかった、こう言いたかった、こう言ってほしかった

      • 仕事、クラブ、勉強に対する向き合い方

        ➡ あの時頑張りすぎた

      • 自分の中のルール

        ➡ ○○すべき、普通は○○、~~じゃないとダメ 

       などなど

      現在のお悩みへとなります。

       

        過緊張とは...

        自分では力を抜いているつもりでも、無意識に力み続けてしまっている状態です。

        筋肉は本来であれば、活動するときにはギュッと緊張し、休むときにはフワ―っと弛む(ゆるむ)という習性があります。

        わたしたちは特に意識はしていませんが、実は全身の筋肉はそのときの状態に応じて、緊張と弛緩(しかん)を絶妙に調整しています。
        しかし、諸々の事情から「過緊張」状態になると、、、
        緊張状態がクセとなって身についてしまい、休むべきときにも、ゆるむことができなくなります。
        ご自身で自覚のある場合とない場合とがありますが、このような状態であることが非常に多いです。

         

        あなたはいかがでしょうか?

        例えば、首や背中が常に張っていたり、寝ているときにうまく脱力できないということはないでしょうか?

        あるいは、例えば自転車に乗っているときや、洗い物などの家事をしているとき、ソファーやコタツでゆっくりしているときなどに、なぜか肩に力が入っていたり、歯を喰いしばっていたり、など…いかがですか?

        このような状態は、無意識的な緊張なので、自覚がない人もいます。

        「コリと自律神経が関係あるの?」
        と思われるかもしれませんが、、、とっても関係は深いです。

          身体は本来、

          活動する時は、交感神経優位
          休息のときは、副交感神経優位と交互に絶妙なバランスで働いています。

          それが、日常生活・仕事での疲労やストレスで、バランスが崩れてしまうと、交感神経優位になり、ずっと筋肉が過緊張の状態を引き起こします。

          その結果、自律神経の不快症状を引き起こしてしまいます。

          それは、脳から筋肉に対して「24時間緊張していなさい!」という活動の指令が出ているのです。

          その結果、不自然に緊張した筋肉が神経、内臓、骨格などを過度に圧迫することにより自律神経が乱れてしまい、

          うつ・パニック・不眠・めまい・頭痛・倦怠感など
          を引き起こしてしまいます。

          不眠について

          頭痛について

          パニックについて

          めまいについて

          起立性調節障害について

           

            なぜ過緊張がいけないのか?

            それは、、、

            不自然なほど過剰に緊張してしまっている筋肉が、神経や血管、内臓などを圧迫してしまうからです。

             

            神経と言うのは、身体の各器官と脳とをつなぐ、道路のようなものです。
            わたしたちの脳は、ふだん無意識的に、命令を出しています。

            「心臓はこれくらいのスピードで動こう」
            「体温はこれくらいにしておこう」

            このようなことは、いちいち思考で考えていないですよね。

            無意識的に脳が命令を出し、神経という道路を通って、身体の器官に届きます。

            しかし、この道路が遮断されてしまうと、どうなるでしょうか?
            脳からの命令が、全身にうまく伝わらなくなります。

            すると、、、

            「本来なら当たり前のようにできていた身体の働き」ができなくなってしまうのです。
            その結果、人によって、動悸がしたり、呼吸が乱れたり、眠りに支障がおきたり、めまいや耳鳴り、痛みやダルさ、など各種の不調が現れます。

            同時に、身体の内部がそのように不安定な状態であれば、精神面にも影響してしまいます。
            体の状態と心の状態は、間違いなく、つながっているからです。
            よって、うつ、不安感、倦怠感、気力の低下、などにもつながります。

            このような見解から、「筋肉の過緊張による神経などへの圧迫」が、自律神経不調の原因であることが多いです。

             

            ご予約はコチラから

            お問い合わせはコチラ

            ⇩LINEでのお問い合わせ・予約⇩

            ⇩お電話はコチラ⇩

            090-3707-2013

              「首コリ」と自律神経の関係

               

              「首コリ パニック障害」
              「首コリ 自律神経」
              などで検索すると、参考になる情報がたくさん出てくるかと思いますよ。
              首コリがなくなることで自律神経の不調が回復する例は、多々あります。
              なぜ、自律神経の不調と関係しているのでしょうか?

              首は、脳と全身を繋ぐ大切なルートだからです。

              そもそも人間の身体は、脳が管理・コントロールしています。

              脳が指令を出しその指示が神経を伝わって、全身の各器官にとどけられます。

              特に生命の維持維の働き(呼吸、心臓の拍動、消化・吸収体温調節など)は、自律神経が担当しています。

              首の不具合により神経や血管が圧迫されると、脳から全身への指令を、正常に伝えることができません。

              その結果、様々な症状が現れます

              実際に、自律神経の不調に悩む方を現場で対応していると、首の不調を訴える方が圧倒的に多いです。
              また、ご自身に自覚がなくとも、パンパンに張っていることがあります。

              神経は全身にありますが、元をたどると脊柱(背骨)の中を通っています。

              (脊柱の中を通る神経の束を脊髄といいます。)

              これを例えると、木の枝と幹のようなイメージです。

              幹から枝が伸びているように、脊髄から全身の神経が伸びています。

              そして、脊髄と脳が繫がっているところ、それが首です。

              つまり、全身と脳の「繋ぎ目」です。

              (特に首の上部は、ほとんど「脳の一部」といっても良いかもしれません。)

              この繋ぎ目に不調があると、脳の指示を全身にうまく伝えることができないとなります。

                医療機関では

                このような筋肉の状態というのは、数値化できるものではありません。
                画像で見ても、分かりません。

                そもそも西洋医学では、筋肉を運動器という目線に置いているので、状態を重要視することはありません
                よって、病院でいくら検査をしても、「異常なし」「原因不明」で終わることが多いようです。

                というにも、科学や医学では解明されてない事が多いからです。

                検査をしても異常がないため、消去法という漠然とした理由で、自律神経失調症と診断されることが多いです。

                その際には、「精神的な問題」だと診断されることも多いと感じます。

                その結果、対処的に和らげたり、無理に封じ込めようとするため、場合によってはクスリ漬けになってしまい、余計にお辛い思いをされているケースも決して珍しくはありません。

                ですが、まずは安心してください。

                「異常なし」「原因不明」というのは、「西洋医学ではいまのところ異常が分からない」ということに過ぎません。

                実際に、異常がないワケはないのです。

                このように、いくら検査をしても異常がないことから、「自分は原因不明の難病なのか。」「一生治らないのではないか。」と、絶望を感じる方も多いです。

                当院では、多くの場合、身体にしっかりと原因があると考えています。

                筋肉の状態そうなってしまう原因 注目する尺度や角度を変えることで、原因不明の自律神経の不調が無事に解決された人は、たくさんいらっしゃいます。

                どうかあきらめないでください‼

                ※また、自律神経失調症に特効薬はありませんし、手術で何とかなるものでもありません。お薬も症状を和らげる対処法で、自律神経失調症の薬は存在しません。

                  過緊張が解けると

                  想像してみて下さい

                     

                    あなたのカラダの奥底で、無意識のうちに力んでしまっていた筋肉が、ゆるみます。
                    圧迫されていた血管が、解放されます。

                    👇

                    すると、血流がドクドクと順調にカラダの隅々まで流れはじめます。
                    それにより、必要な栄養や酸素が全身へ運ばれます。
                    また、体外へ排出すべきだけれど体内にとどまってしまっていた老廃物も、しっかりと回収されます。

                    👇

                    同時に、神経も圧迫から解放されます。
                    すると、過剰にたかぶっていた神経が落ち着きます。
                    カラダにとって必要な働きが、必要なときに必要なだけ、当たり前にできる状態に、戻ります。

                     

                      当院の取り組み

                      ①ヒアリング

                      まずじっくりお話しを聴き、あなたの状況を理解し、どんな原因や背景があるかまでを含めて、知ることが大切だと思っています。そのため、じっくりとお話しを聴かせていただく時間を設けています。

                      ②自律神経に特化した整体施術

                      体の無意識の緊張がゆるむと、自律神経の不調は自然に回復していきます。
                      普段の呼吸が深くなり、睡眠も深くなり、それに伴い自律神経のバランスが整い安定していきます

                      ※そのために当院では、特殊な手技の整体施術を施しています。

                      当院の整体法

                      揉みほぐしのマッサージや一般的な整体では、不可能です。

                      それでは、自律神経に関係する筋肉を調整することはできません。

                      むしろ、強引な刺激は逆効果にもなり、余計に悪化してしまいます。

                      大切なのは、体に余計な負担をかけずに、関係する筋肉緊張が、身体の内側から自然にゆるんでいくことです。

                      ③あなたオリジナルの生活アドバイス

                      自律神経で悩む方は、必ずと言ってよいほど、筋肉の過緊張があります。そして、その過緊張に至るまでには、生き方や在り方(生活習慣や考え方など)が関係しています。

                      そのような生活面に関するアドバイスを行なっています

                      例えば、心の在り方のお話、セルフケアの方法、食事、姿勢などのレクチャーです。

                      また、人によって身体のクセはそれぞれ違います。なのであなたにとってベストなオリジナルの内容をお伝えしています。

                      最後に、、

                      当院の整体は自然の変化のように、ゆっくりゆっくり少しずつです。

                      即効性はありません。ですがそれも強みです。

                      人は身体に不調や、心に不安があると 〝すぐ〟にどうにかしたくなります。

                      いろんなことをして〝すぐ〟に安心できるように変えようします。

                      その気持ちは、よくわかります。

                      しかし 〝すぐ〟を望むことは 気をつけなければいけません。

                      自然に存在するものを〝すぐ〟に変化をさせようとすると、

                      必ず負荷がかかり、形を損なったり 滅んでしまうものもあります。

                      木や枝も ゆっくり曲げていけば その形状に沿っていきますが、一気に曲げれば 折れます。

                      川の水も ゆっくり流れている時は、陸の形に沿って流れますが、一気に流れようとすると、水が溢れ、洪水となります。

                      自然は人や生き物に、負荷がかからないように夏と冬の間に、春と秋を創って、季節のながれに添えるようにサポートしてます。

                      当院が手掛ける自律神経の不調も、自然治癒力に委ねていけば 身体に負担をかけることはありませんが、

                      お薬で、すぐに治そうとすると 副作用が出てしまったりします。

                      いまは、辛くて大変かもしれません。

                      不安かもしれません。

                      でも身体は、「ゆっくりと良くなるよう変化しているんだ」と思っていただきたいと思います。

                      今日が悪くても明日が同じように悪いわけではありません。

                      きっと良くなってゆきます。しっかり寄り添ってサポートします。

                       

                      ご予約はコチラから

                      お問い合わせはコチラ

                      ⇩LINEでのお問い合わせ・予約⇩

                      ⇩お電話はコチラ⇩

                      090-3707-2013