門を開けば福寿多し

    当院にお越しになっている方の特徴として、忍耐強く、自分のことだから、まわりや家族に迷惑をかけないようにと頑張りすぎて、どうしようもなく苦悩を抑え込んでる人が多いです。

    「門を開けば福寿多し」という禅語があります。

    何も包み隠さず、あからさまにしてしまえば、良いことが、たくさんある。という意味です。

    つらいこと、苦しいことがある。

    自分ではどうしたらいいかわからない…

    すべてを自分で引き受けることはありません。

    辛ければ辛い。苦しければ苦しいと、思いをあからさまにする。

    助けて欲しい時は、ひとりで抱えこまずに助けを求めればいいのです。

    心情を吐露するだけでも心が軽くなりますし、手を差し伸べてくれる人は、必ずどこかにいるはずです。

    いま、うつ、不眠、パニック、頭痛、めまいなどは、忍耐の限界を超えてしまった結果です。

    いま、あなたが話したいことは、どんなことですか?

      関連記事

      1. 日曜日の営業についてのお知らせ

      2. そもそも、自律神経のお悩みとは?

      3. 循環と滞り

      New title