• 入眠困難

なかなか寝付けない症状です。
ふとんに入って寝つくまでに、30分~1時間以上かかったりします。
精神的な問題、不安や緊張が強いときなどにおこりやすいといわれています。

  • 中途覚醒

睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きたあとなかなか寝つけなくなる症状です。
日本の成人の方では、不眠の訴えの中で最も多いです。

  • 早朝覚醒

朝、予定時間より数時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまう症状です。
しばしば、うつ病の人に現れます。

  • 熟眠障害

熟眠障害はある程度の時間寝ているのにも関わらずぐっすり寝たという感じが得られない。
ほかのタイプの不眠症を伴っている場合も多くあります。

どれかひとつだけに悩む場合もあれば、複数に当てはまる人も多いです。

あなたはいかがですか?

眠るべき時間になっても、あなたの身体が活動し続けている為、休めない状態が続いているワケです。

自分の頭では「休もう」「眠ろう」「リラックスしよう」と思っていても、実は身体は休めていないということです。

・あなたは眠るとき、身体の力が抜けていますか?
・うまくリラックスできていますか?
・歯を噛み締めていたり、腕に力が入ったりしていませんか?

自覚がある場合とない場合がありますが、このようにうまく力が抜けていないことが非常に多い印象です。

身体の奥の方で無意識のうちにリキみ続けてしまっていることが多々あります「眠ろうとしているつもりでも、無意識のうちに身体がリキんでいて、力がうまく抜けない状態になっている」

この状態を、筋肉の「過緊張」と呼びます。(当院の手引のページにて説明しております。)

・姿勢
・食事
・睡眠環境
・仕事の仕方
・精神的ストレス

・・・などなど、挙げればキリがありませんが、普段の習慣によるカラダの負担が少しずつ蓄積され、過緊張に繋がります。
過緊張だと、なぜ眠れなくなるのでしょうか?

それは、
神経や血管を圧迫してしまうからです。

身体がずーっとガチガチに固まっていることで、周りの神経や血管を圧迫し続けると考えられます。

つまり、不用意な刺激を与え続けているわけです。
すると、
神経が過敏になったり、神経が高ぶって、うまく休息できない状態になっているのです。

【当院の取り組み】

①ヒアリング

まずじっくりお話しを聴き、あなたの状況を理解し、どんな原因や背景があるかまでを含めて、知ることが大切だと思っています。そのため、じっくりとお話しを聴かせていただく時間を設けています。

②不眠に特化した整体施術

緊張し続けてガチガチに固まってしまっている筋肉を”ゆるめる”ことが必要です。
”ゆるめる”とは、筋肉の過緊張を元の状態に戻す。身体を自由自在にするということです。

身体は本来、活動するときはしっかりと力が入って、休息するときは力が抜けるという、「ON」と「OFF」の調節が自在にできますよね。

誰でも生まれたときや子供の頃はそうでした。

そのような、本来の状態にクセを戻すことが大切です。そのために、過緊張を特殊な整体施術で「カラダの中から自然に力が抜ける」ように調整してゆるめます。

いつの間にか身体にしみついてしまった過緊張のクセを、元に戻します

※そのために当院では、特殊な手技の整体施術を施しています。

③あなたオリジナルの生活アドバイス

普段何気ない日常生活の中に、原因がいくつも隠れています。

ですので、日々の生活のお話を伺い、根本解決に向かい、症状が再発しないように、生活面に関するアドバイスを行なっています。

例えば、セルフケア方法、食事、姿勢などのレクチャーです。

また、人によって体のクセはそれぞれ違います。なので、その人に合ったオリジナルな内容をお伝えしています。

良い睡眠が取れるようにサポートします。

LINE@はじめました