耳の奥に原因があることが多いのですが、お医者さんで検査しても、「異常なし」「原因不明」と診断されためまいの場合、メニエール症候群と診断されてしまうケースがあります。
原因として、内耳・耳石の異常や首こり・肩こりからくる筋肉の過緊張が起こり、神経伝達の圧迫、自律神経の乱れなど原因はさまざまです。

 

  •  回転性めまい
  1. 視界がグルグル回っているように感じられます。
    それだけではなく、左右に流れて見えたり、上下左右メチャクチャに動いて見えたり、物がぶれて見えたりすることがあります。
  2. 三半規管の不調から起こります
  • 浮動性めまい
  1. フワフワと浮いているような感覚の症状です
  2. 激しい症状はありませんが、足元がおぼつず、不安感、不快感があります。
  3. 症状は長引きがちです。
  4. 耳石器の不調と考えられます。
  •  動揺性めまい

これは、体が左右にとられたり、前後に揺れたり、バランスがとれずフラフラします。

歩いてフラフラする場合には、小脳の異常や、薬物によるめまい(降圧剤や向精神薬等)、聴神経の疾患等も考えられます。

  •  立ちくらみ

立ち上がったときに、クラっとしたり、ふらついたりすることです。
前の1~3と異なり、原因が「耳」ではなく、「血流障害」であることが多いです。

若年層では、起立性調節障害と診断される場合もあります。

※耳や脳の異常がある可能性もありますので、長期間症状がある場合や、深刻な症状の場合は、まずは医療機関で検査を受ける事をおすすめいたします。

 

【首や肩周りに何らかの症状を感じていませんか?】

 

首の筋肉の過疲労や過緊張から起こると考えられます。

そうなってしまうと、体液循環(主に脳脊髄液)の滞りが起き、頭部へ必要な体液や血液が送られなくなり、必要な栄養素を送り届けることも、不要物も回収できなくなってしまいます。
これらがめまいの原因に繋がる場合が多いと考えられます。

また、筋肉の過緊張状態から、身体がバランス崩れ、調整しようとするために、骨格が歪んできます。

その状況が持続すると身体は、その歪んだ状態が普通なんだと覚えてしまい維持しようとします。

そうすることで、全身の歪みや変位、また、頭蓋骨の変位が起き、内耳器官の圧迫等が起きてきます。

また、頭蓋骨に一番近い首の骨のバランスが崩れ、頸椎動脈等の圧迫が起き、めまいを引き起こすことが考えられます。

さらに、胸部の緊張からも起こる原因があると考えられます。

それは、胸部の緊張から、必要な血液を押し出す為に、心肺機能を司る自律神経の乱れが起こる為です。

最終的には、これらは全て自律神経のバランスの乱れに繋がってしまいます。

 

【当院の取り組み】

①ヒアリング

まずじっくりお話しを聴き、あなたの状況を理解し、どんな原因や背景があるかまでを含めて、知ることが大切だと思っています。そのため、じっくりとお話しを聴かせていただく時間を設けています。

②めまいに特化した整体施術

施術により、全身の筋肉のバランスが整うように導いていきます。
特に、首の施術を丁寧に行います。

日常生活で過疲労、過緊張状態となった筋肉を、やわらかい施術でゆるめていきます。

そうすることで、筋肉の過度な緊張が解けていき、
体液循環、骨格、神経伝達といった、身体全体の機能が、元の自然な状態に戻っていきます。

そうして自然にめまいがおさまってくるよう導いていきます。

※そのために当院では、特殊な手技の整体施術を施しています。

 

③あなたオリジナルの生活アドバイス

大切なのは、日常生活の改善です。
この筋肉の過疲労、過緊張状態になってしまうのは、日々の過ごし方や、身体のしくみの使い方に原因があります。

今の生活と同じように生活をしていれば、根本解決していく道のりが遠のいてしまい、仮によくなっても、また再発してしまうしまう可能性が大変大きいです。

 

【このようなことはありませんか?】

・仕事では長時間同じ姿勢でいる
・猫背である
・精神的なストレスが多い
・スマホやパソコン、電化製品の使用頻度が多い
・夜更かしが多かったり、生活習慣に乱れがある
・リラックスする時間が極端に少ない
・常用している薬がある 等

 

普段何気ない生活の中に、原因がいくつも隠れています。
ですので、日々の生活のお話を伺い、根本解決に向かい、症状が再発しないように、私からも生活面でのアドバイスをさせていただきます。

LINE@はじめました