頭痛には、一次性頭痛二次性頭痛があります。

一次性頭痛

  • 片頭痛

ドクンドクンという痛みで、頭の片側や両側が痛くなったりします。
原因としては、脳血管が拡張することによって脳の神経が刺激され、頭痛を引き起こしていると考えられます。

  • 緊張型頭痛

首、肩、背中、胸郭のコリ、ハリ、緊張がひどくなり、筋肉の過緊張となり、血液の流れの滞り、神経の圧迫の結果、頭痛を引き起こしています。
頭を縛り付けられるような痛みがあります。
めまいを併発する場合もあります。
片頭痛と併発される方もいらっしゃいます。

  • その他
  1. 群発頭痛        (目の奥が、えぐられるような激痛、なぜそういった炎症が起こるのかは不明)
  2. 薬物乱用頭痛  (慢性頭痛にお悩みの方が頭痛薬を多用することでより酷くなることがある)

                     というのがあります。

※いずれにしても、まずは医療機関で検査を受けられる事をおすすめします。

  • 二次性頭痛

くも膜下出血や脳腫瘍、髄膜炎などほかに原因となる疾患がある頭痛を指します。
※まずは医療機関で検査を受ける事をおすすめします。

 

受診しても、「原因不明」「異常なし」となれば、
当院は、
首まわりの筋肉の過疲労や過緊張(持続的な緊張)が主な原因だと考えてます。

首はとても重要で繊細な部分です。
頭(脳)と身体をつなぎ、また脳から全身に命令を下す神経が通り、太い血管も通っています。
そして最も重要なのが、脊髄から頭部を流れる体液(脳脊髄液)の循環の悪さだと考えられます。
この脳脊髄液の循環が悪くなり、頭部に滞りが起こる事で頭痛をはじめ、様々な疾患が起こる事が考えられます。

この重要な首が、周りの筋肉の緊張により、神経や血管を圧迫、また骨格を歪めることにより、頭痛をはじめとする様々な症状が出てくると考えられています。
我々現代人はどうしても前屈みになり、首が前に出がちになってしまいます。

長い時間のデスクワークや手作業をしたり、スマホを使ったり、また、読書や家事で上手に身体を使えず、頭を前に出した姿勢をとってしまうことが、とても多いためだと考えられます。
また楽だと思ってとっている姿勢も、実は身体にかなりの負担をかけている場合がとても多いのです。

頭を前に出すと、首ひとつで重たい頭を支えなければなりません。
長時間この状態を続けることで、この状態を当たり前として記憶してしまいます。

そして首から肩まわりにかけて、疲労や緊張し続けてしまうことになります。
そうなると、なかなか自分で緊張を弛めるのが、難しくなってきてしまいます。

そして、首を通る神経や血管等を圧迫、さらには脳脊髄液の循環の滞りが起こり、頭痛が慢性化してしまいます。


実は頭は非常に重たいのです。どれくらいの重さかご存知でしょうか?

 

女性で約4〜5kg、男性で5〜6kgあるそうです。
これは相当に「重い頭」を、首が無理をきかせて頑張ってくれてます。
これが首の筋肉が緊張(疲労)する、「理由」です。

【当院の取り組み】

①ヒアリング

まずじっくりお話しを聴き、あなたの状況を理解し、どんな原因や背景があるかまでを含めて、知ることが大切だと思っています。そのため、じっくりとお話しを聴かせていただく時間を設けています。

②頭痛に特化した整体施術

施術により、全身の筋肉のバランスが整うように導いていきます。
特に、首の施術を丁寧に行います。

日常生活で過疲労、過緊張状態となった筋肉を、優しい施術でゆるめていきます。

そうすることで、筋肉の過度な緊張が解けていき、
体液循環、骨格、神経伝達といった、身体全体の機能が、元の自然な状態に戻っていきます。それを維持して、再発をしないように身体にいいクセを身につけていきます。

※そのために当院では、特殊な手技の整体施術を施しています。

③あなたオリジナルの生活アドバイス

普段何気ない日常生活の中に、
原因である、普段の姿勢や生活習慣の改善に取り組むということが大切です。

ですので、日々の生活のお話を伺い、根本解決に向かい、症状が再発しないように、生活面に関するアドバイスを行なっています。

セルフケア方法、食事、姿勢などのレクチャーです。

LINE@はじめました