・動悸(心臓がドキドキする)
・呼吸困難(過呼吸)
・発汗
・めまい
・ふるえ
・しびれ
・恐怖感
・現実感の喪失
・嘔吐(吐き気)

 

  • 予期不安
  • 「またあの発作が起きるのではないか」という強い不安感を抱く
  • 予期不安がパニック発作を誘発することもある
  • 広場恐怖
  • パニック発作の起こった場所や状況に恐怖を感じて避けるようになる
  • 人ごみ、電車・バス、車、飛行機、美容室、観覧車、トンネルなどを恐れる
  • 一人での外出が困難になることもある

パニック障害で悩む方はほとんどの場合、身体が無意識に緊張しています。

身体の深層部の筋肉が、本来ならば休むべきときでもうまく力が抜けずに、常に力み続けている状態です。

その状態がクセとして、身についてしまっています。

 

【おもいあたりませんか?】

 

・無意識のうちに、身体が緊張していませんか?
・首や背中にハリやコリ、痛みはありませんか?
・呼吸が浅くなっていませんか?
・猫背やストレートネックではありませんか?

パニック障害で悩む方は、9割以上で、どれか当てはまるはずです。

過剰に緊張し続けている筋肉が、内臓や血管や神経などを圧迫してしまっているのです。

 

すると…
過剰に緊張し続けている筋肉が肺を圧迫することによって、呼吸が浅くなってしまいます。
(パニック障害で悩む方は、ふだんから呼吸が浅い傾向があります。)
首の神経を圧迫することによって、脳と全身との情報伝達(循環)がうまくできなくなります。
ガチガチに緊張した筋肉の圧迫によって、身体が本来の安定した状態を保てず、パニックが起こりやすい状況になっているのです。


【補足】このような影響を受けるのは、単に身体的な不調だけではありません。不安感やイライラ感など、精神的な不調にも影響します。身体のバランスが不安定に乱れていると、精神状態も影響を受け、不安定になるからです。

 

【当院の取り組み】

①ヒアリング

まずじっくりお話しを聴き、あなたの状況を理解し、どんな原因や背景があるかまでを含めて、知ることが大切だと思っています。そのため、じっくりとお話しを聴かせていただく時間を設けています。

②パニックに特化した整体施術

体の無意識の緊張がゆるむと、パニック障害は自然に回復していきます。
普段の呼吸が深くなり、睡眠も深くなり、自律神経のバランスが整います。
それに伴って、パニック障害も安定していきます。

※そのために当院では、特殊な手技の整体施術を施しています。

揉みほぐしのマッサージや一般的な整体では、不可能です。

それでは、パニック障害に関係する筋肉を調整することはできません。
むしろ、強引な刺激は逆効果にもなり、余計に悪化してしまいます。
大切なのは、体に余計な負担をかけずに、パニックに関係する筋肉緊張が、身体の内側から自然にゆるんでいくことです。

 

③あなたオリジナルの生活アドバイス

パニック障害で悩む方は、必ずと言ってよいほど、筋肉の過緊張があります。そして、その過緊張に至るまでには、生き方や在り方(生活習慣や考え方など)が関係しています。

そのような生活面に関するアドバイスを行なっています

例えば、セルフケアの方法、食事、姿勢などのレクチャーです。

また、人によって身体のクセはそれぞれ違います。なので、その人に合ったオリジナルな内容をお伝えしています。

LINE@はじめました