今をどう捉えて、どう動くか

    今の、この症状(うつ、パニック、不眠、頭痛、めまい、動悸、焦燥感、起立性調節障害 など)を不幸と捉え人やモノに頼り続けるのか、症状を身体からの声、知らせと感謝し原因を取り除こうとするのか、結果は、すべて自分がどう捉え、どう動くかに掛かっています

    心に何を思い、どういう言葉を発し、どう行動するのか、、身口意の三業といいます。

      関連記事

      1. 仙骨を温めましょう

      2. 今、あるもの(できること)を大切に

      3. 2022年度もよろしくお願い致します

      New title